トルコの見方 : 国際理解としての地誌

西脇保幸 著

トルコを例に、地域の様々な事象をどのように関連づけて見ればよいのかを、地誌的にまとめたのが本書の内容である。地誌は通例、当該地域の事象を百科事典的に網羅的に記述する静態地誌と、記述者の意図により特定の事項を中心に記述する動態地誌に分けられるが、生涯学習の観点から地理教育の必要性を念頭に置いている筆者の意図から、本書では国際理解的な視点を取り入れた地誌を想定した。つまり、異文化理解や開発教育などの国際理解につながる事項を中心に、筆者なりの地域像を描いたのであり、国際理解推進の立場から、トルコの動態地誌を記述したのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 トルコと日本
  • 第1章 イスタンブルとマルマラ海地方
  • 第2章 アンカラと内アナトリア地方
  • 第3章 地中海地方からエーゲ海地方へ
  • 第4章 黒海地方
  • 第5章 アナトリア東部の両地方
  • 第6章 トルコとトルコ人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トルコの見方 : 国際理解としての地誌
著作者等 西脇 保幸
書名ヨミ トルコ ノ ミカタ : コクサイ リカイ ト シテノ チシ
書名別名 Toruko no mikata
出版元 二宮書店
刊行年月 1999.11
ページ数 220p
大きさ 21cm
ISBN 4817601728
NCID BA4373206X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想