北朝鮮の経済 : 起源・形成・崩壊

木村光彦 著

1945年8月8日に対日参戦したソ連軍は、その直後に朝鮮半島に進攻し、同月20日すぎには北朝鮮(38度線以北)のほぼ全域を支配下においた。これが北朝鮮における共産主義(金日成)政権の始まりであった。本書の課題は、この政権下の北朝鮮経済を実証的および理論的に解明することである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前編 生成期の北朝鮮経済(農業制度の変革
  • 穀物の徴収と生産・消費
  • 工業
  • 労働者)
  • 後編 金日成体制下の北朝鮮経済(農業の実態
  • 経済の構造と特質
  • 金日成体制の理論分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北朝鮮の経済 : 起源・形成・崩壊
著作者等 木村 光彦
書名ヨミ キタチョウセン ノ ケイザイ : キゲン ケイセイ ホウカイ
出版元 創文社
刊行年月 1999.10
ページ数 251p
大きさ 23cm
ISBN 4423850990
NCID BA43720242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009284
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想