動脈硬化の最前線 : 発症のメカニズムと臨床

北徹 編

本書は、血管障害の典型である動脈硬化の分子機序について、基礎と臨床両面から概説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概論 動脈硬化の分子医学
  • 1 血管発生・血管新生(血管発生の分子機構とin vitroでの再現
  • 分子レベルからみた血管新生の調節 ほか)
  • 2 動脈硬化に関与する細胞(血管内皮細胞の機能障害と接着
  • 血管平滑筋細胞形質変換のメカニズム ほか)
  • 3 動脈硬化に関与する諸因子(サイトカイン・遊走因子・増殖因子
  • LDL受容体ファミリーとその機能制御 ほか)
  • 4 動脈硬化と他の疾患の関与(マルチプルリスクファクター症候群
  • 高脂血症と動脈硬化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動脈硬化の最前線 : 発症のメカニズムと臨床
著作者等 北 徹
書名ヨミ ドウミャク コウカ ノ サイゼンセン : ハッショウ ノ メカニズム ト リンショウ
シリーズ名 新臨床医のための分子医学シリーズ
出版元 羊土社
刊行年月 1999.11
ページ数 186p
大きさ 21cm
ISBN 489706550X
NCID BA43713575
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20038437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想