古文書返却の旅 : 戦後史学史の一齣

網野善彦 著

日本には現在もなお、無尽蔵と言える古文書が未発見・未調査のまま眠っている。戦後の混乱期に、漁村文書を収集・整理し、資料館設立を夢見る壮大な計画があった。全国から大量の文書が借用されたものの、しかし、事業は打ち切りとなってしまう。後始末を託された著者は、40年の歳月をかけ、調査・返却を果たすが、その過程で、自らの民衆観・歴史観に大きな変更を迫られる。戦後歴史学を牽引した泰斗による史学史の貴重な一齣。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 挫折した壮大な夢
  • 第2章 朝鮮半島の近さと遠さ-対馬
  • 第3章 海夫と湖の世界-霞ヶ浦・北浦
  • 第4章 海の領主-二神家と二神島
  • 第5章 奥能登と時国家の調査
  • 第6章 奥能登と時国家から学び得たこと
  • 第7章 阪神大震災で消えた小山家文書-紀州
  • 第8章 陸前への旅-気仙沼・唐桑
  • 第9章 阿部善雄氏の足跡
  • 第10章 佐渡と若狭の海村文書
  • 第11章 禍が転じて福に-備中真鍋島
  • 第12章 返却の旅の終わり-出雲・徳島・中央水産研究所

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古文書返却の旅 : 戦後史学史の一齣
著作者等 網野 善彦
書名ヨミ コモンジョ ヘンキャク ノ タビ : センゴ シガクシ ノ ヒトコマ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.10
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 4121015037
NCID BA43670097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想