日本政治の対立軸 : 93年以降の政界再編の中で

大嶽秀夫 著

戦後日本の最大の争点であった防衛問題は、冷戦の終結・五五年体制の崩壊とともに政党間の対立軸としての意味を失った。90年代最大の課題であった「政治改革」は政策不在の状況で追求されたのである。その中にあって唯一の明確な政策パッケージは80年代の中曽根行革の流れを継ぐ「新自由主義」であるが、これに対抗する一貫した議論は未だ存在しえていない。細川護煕、小沢一郎、橋本龍太郎等の政策を分析し現代政治の課題を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 政界再編の中の政策対立軸(55年体制下における政策対立
  • 政界再編の中の対立軸
  • 「第二」の政党-90年代に登場した二つの「民主党」)
  • 第2部 平成不況の中の橋本行革(1990年代中期における日本の経済社会
  • 「橋本行革」の登場、展開、挫折)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本政治の対立軸 : 93年以降の政界再編の中で
著作者等 大岳 秀夫
書名ヨミ ニホン セイジ ノ タイリツジク : 93ネン イコウ ノ セイカイ サイヘン ノ ナカ デ
書名別名 Nihon seiji no tairitsujiku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.10
ページ数 241p
大きさ 18cm
ISBN 4121015010
NCID BA4366803X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想