母性の復権

林道義 著

「子どもが可愛くない」、「子どもが分からない」という母親たち。果ては子どもを放置、虐待し、死に至らしめてしまう例も。いま、母性に異変が起きている。母性本能の解体や消失が、深いところで不気味に進行しているのである。この状況を前に、そもそも母性とは何なのか、なぜ解体、消失してしまうのか、そしていかにすれば修復できるのかを、母性に関する科学的・実証的研究の成果と、著者自らの心理療法の経験にもとづいて解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 壊れゆく母性
  • 第1章 母性はいかなる意味で大切か
  • 第2章 母性は普遍的である
  • 第3章 母性解体の原因と対策
  • 終章 母性を守る環境

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母性の復権
著作者等 林 道義
書名ヨミ ボセイ ノ フッケン
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 1999.10
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4121014979
NCID BA4366552X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20018559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想