日本の近代化と民衆思想

安丸良夫 著

近代の思想史的系譜を探る。幕末から明治期の百姓一揆や新興宗教の史料を博捜し、日本の近代化を追究した画期的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 民衆思想の展開(日本の近代化と民衆思想
  • 民衆道徳とイデオロギー編成
  • 「世直し」の論理の系譜-丸山教を中心に)
  • 第2篇 民衆闘争の思想(民衆蜂起の世界像-百姓一揆の思想史的意味その1
  • 民衆蜂起の意識過程-百姓一揆の思想史的意味その2)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の近代化と民衆思想
著作者等 安丸 良夫
書名ヨミ ニホン ノ キンダイカ ト ミンシュウ シソウ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1999.10
ページ数 488p
大きさ 16cm
ISBN 4582763065
NCID BA43662361
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想