理工系の複素関数論

殿塚勲, 河村哲也 著

本書は、理工系学部の大学生に応用数学の一環として読まれることを想定して書いた複素関数論の教科書・参考書である。複素関数論の「役に立つ」側面の理解を目標として、基礎編では簡単な例題を通して複素関数論のポイントを示し、応用編では応用性・実用性に重点をおいた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基礎編(複素数と複素平面
  • 正則関数
  • ベキ級数と初等関数
  • 正則関数の複素積分 ほか)
  • 第2部 応用編(複素数による表現
  • 調和関数
  • 等角写像
  • 等角写像の応用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理工系の複素関数論
著作者等 殿塚 勲
河村 哲也
書名ヨミ リコウケイ ノ フクソ カンスウ ロン
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1999.10
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 4130629050
NCID BA43648473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20015862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想