ウィトゲンシュタインの知88

野家啓一 編

彼にとって哲学の目的とはその「治療」、すなわち「蝿に蝿取り壷からの抜け道を教えること」にほかならなかった。あるいは死の床にあってすら、彼は「まるで魅入られたかのように人々が繰り返しそこに立ち戻ってくる命題、私はそういう命題を哲学の言語から消してしまいたいのである」と書きつけていた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生涯と時代(ウィトゲンシュタイン家
  • 世紀末ウィーン ほか)
  • 2 思想の展開(『草稿1914〜1916』
  • 『論理哲学論考』 ほか)
  • 3 キーワード(世界
  • 論理的原子論 ほか)
  • 4 哲学のコンテクスト(言語論的転回
  • 論理学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタインの知88
著作者等 野家 啓一
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ノ チ 88
シリーズ名 Handbook of thoughts
出版元 新書館
刊行年月 1999.11
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 4403250416
NCID BA43641124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20090491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想