海洋の道

トール・ヘイエルダール 著 ; カール・イェトマル 編 ; 関楠生 訳

バルサ材の筏コン=ティキ号、葦舟ラー号で漂流実験をこころみ、古代人がたどった大洋航海の足跡と人類移動の可能性をさぐる名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 地中海域の文化と古代アメリカの文化の間(初期の人間と大洋
  • 先コロンブス時代にあったと思われる、アメリカから、そしてアメリカへの大洋航海ルート
  • どちらが正しいのか?-孤立論者か、拡散論者か? ほか)
  • 第2部 古代アメリカ文化とポリネシア文化の間(ポリネシア居住の問題
  • ポリネシアとメラネシアを発見したスペイン人に対して果たしたインカの報告の役割
  • バルサ筏-南アメリカの原住民の航海に用いられたグアラ技術に特に留意して ほか)
  • 第3部 太平洋の中継ステーション(ガラパゴス諸島における考古学
  • ココス島-先スペイン時代におけるインディオ航海の拠点?
  • イースター島の石像-問題と結果 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海洋の道
著作者等 Heyerdahl, Thor
Jettmar, Karl
関 楠生
イェトマル カール
ヘイエルダール トール
書名ヨミ カイヨウ ノ ミチ : コウコガクテキ ボウケン
書名別名 Archäologische Abenteuer

考古学的冒険
出版元 白水社
刊行年月 1999.10
版表示 新装復刊
ページ数 316p
大きさ 21cm
ISBN 4560030359
NCID BA43624599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想