三島中洲の学芸とその生涯

戸川芳郎 編

二松学舎を創設した三島中洲-漢詩を中心としたその学問・思想・文芸と生涯について、多面的に把えた三島中洲研究の決定版ともいえる刮目の論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 学芸篇(三島中洲の詩
  • 新治裁判所長時代の詩文の特色
  • 三島中洲の文について-明治期における"漢文"の意義
  • 中洲の書 ほか)
  • 第2部 生涯篇(幕末・明治初期の松山の金融
  • 新治裁判所在勤・司法権少判事三島毅の一側面
  • 創立期の二松学舎と明治時代の教育制度
  • 三島中洲と東京大学古典講習科の人々 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三島中洲の学芸とその生涯
著作者等 戸川 芳郎
石川 忠久
書名ヨミ ミシマ チュウシュウ ノ ガクゲイ ト ソノ ショウガイ
出版元 雄山閣
刊行年月 1999.9
ページ数 660p
大きさ 22cm
ISBN 4639016352
NCID BA4359092X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想