相対論対量子論 : 徹底討論・根本的な世界観の違い

メンデル・サックス 著 ; 原田稔 訳

科学は「完成された揺るぎないもの」ではない!現代物理学の二大理論-相対論と量子論はいまだに完全に統合されずにいる。根本的な問題点はどこにあるのか?背後に潜む世界観の違いを明らかにし、各々の考え方の本質を浮き彫りにする白熱の現代科学対話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1週 量子的でたらめさについて
  • 第2週 光の正体について
  • 第3週 相対論と双子のパラドクス
  • 第4週 量子場・統一場の理論・科学の意味
  • 第5週 相対論と量子論における実証主義・実在論・全体論
  • 第6週 宇宙論について-相対論vs.量子論
  • 第7週 数学から物理学へ、そして哲学へ
  • 第8週 科学における真理の探究-アインシュタインvs.ボーア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相対論対量子論 : 徹底討論・根本的な世界観の違い
著作者等 Sachs, Mendel
原田 稔
サックス メンデル
書名ヨミ ソウタイロン タイ リョウシロン : テッテイ トウロン コンポンテキナ セカイカン ノ チガイ
書名別名 Dialogues on modern physics

Sotairon tai ryoshiron
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1999.10
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 4062572680
NCID BA43570026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20007419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想