緑資産と環境デザイン論

田畑貞寿 編著

ランドスケープレベルを基調とした環境デザインにおいては、空間形態のみならず、生態系をも含めた環境総体としてプランニング、デザイン、マネジメントしていく思想や技術の体系化が重要な課題である。本書は、その前提をもとに、意図する論説、調査研究論文を取り上げ編集したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間の生活と地域環境
  • 2 緑の環境資源から環境資産の保全
  • 3 敷地利用の変容と緑景観の継承
  • 4 住民意識からみた地域の環境資産
  • 5 サーモスケープからみた緑の環境評価
  • 6 小規模オープンスペースからみた市街地の防火安全性
  • 7 法制度の空間イメージ-風致地区とランドスケープマネジメント
  • 8 環境資産の形成と公園緑地
  • 9 地域環境構造と環境デザイン手法
  • 10 公園区制度による緑地管理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 緑資産と環境デザイン論
著作者等 田畑 貞寿
書名ヨミ リョクシサン ト カンキョウ デザイン ロン
書名別名 Ryokushisan to kankyo dezain ron
出版元 技報堂
刊行年月 1999.9
ページ数 186p
大きさ 22cm
ISBN 4765521192
NCID BA43550222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20182104
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想