キッシンジャー「最高機密」会話録

ウィリアム・バー 編 ; 鈴木主税, 浅岡政子 訳

核戦争の危機を回避しつつ、ソ連を封じ込め、中国を懐柔し、アメリカの優位を確立する-壮年期のキッシンジャーは、この困難な課題に全精力を傾けて挑んだ。カリスマ的な毛沢東、老巧な周恩来、攻撃的な〓@68B0@小平、豪放なブレジネフらを相手に、ときに媚び、ときに脅し、交渉術の限りを尽くして彼は目的を果たそうとする。本書は、今日の世界の枠組みを決定づけたその70年代「三角外交」の現場を生々しく再現する、超一級資料である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ヘンリー・キッシンジャーと多極的世界におけるアメリカ
  • 1 「これらの諸条件をわれわれの利益とするにはどうすればよいか」-1971〜72年、ワシントン‐モスクワ‐北京
  • 2 「昨日の敵」-1973年2月、キッシンジャーの北京訪問
  • 3 カンボジアから十月戦争まで-1973年3月〜10月、北京‐ワシントン
  • 4 戦略的同盟を求めて-1973年11月、キッシンジャーの北京訪問
  • 5 「友人同士だというのに、MIRVが3000基もいるなんて」-1974年3月、キッシンジャーのモスクワ訪問
  • 6 火を噴く大砲-1974年、北京‐ワシントン
  • 7 デタントの試練-1974〜75年、ワシントン‐モスクワ
  • 8 「中国側と合意できない問題がある」-1975年〜76年、北京‐ワシントン
  • 9 「しかし、8000人のキューバ兵が駆けまわっている…」-1976年、キッシンジャーのモスクワ訪問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キッシンジャー「最高機密」会話録
著作者等 Burr, William
浅岡 政子
鈴木 主税
バー ウィリアム
書名ヨミ キッシンジャー サイコウ キミツ カイワロク
書名別名 The Kissinger transcripts
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1999.9
ページ数 588p
大きさ 22cm
ISBN 4620313645
NCID BA43545335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想