損害賠償の範囲  1

岡本詔治 著

本書は、その対象を「債務不履行に基づく損害賠償の範囲」に限定している。解除時・不能時を境にして通常損害と特別損害とに区別し、わが国独自の賠償範囲論を構築してきた判例の慎重な立場には、それなりの合理性があり、また発展史的視角をも加味すれば、判例相互の矛盾なるものも相当な程度まで解消できる、との立場で立論。混沌とした下級審裁判例を契約類型ごとに「損害項目」を軸として整理した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総論(損害論一般
  • 価格変動損害論
  • 債務不履行と慰謝料
  • 債務不履行と弁護士費用)
  • 第2章 売買(売買と損害賠償
  • 過失相殺と損益相殺)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 損害賠償の範囲
著作者等 岡本 詔治
民法総合判例研究刊行会
書名ヨミ ソンガイ バイショウ ノ ハンイ
シリーズ名 叢書民法総合判例研究
巻冊次 1
出版元 一粒社
刊行年月 1999.9
ページ数 382, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4752702797
NCID BA43525848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20007008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想