義和団の起源とその運動 : 中国民衆ナショナリズムの誕生

佐藤公彦 著

歴史はくり返す!!義和団事件は「人類の歴史に前例なき罪悪」「人道に反し、かつ文明に反する罪悪」だったのか。コソボと同じ問題がここにあった。NATO軍はかつての八ヶ国聯合軍ではないか。義和拳は100年前の『法輪功』か。-中国民衆ナショナリズム運動の原像を「村」から照射。五年に亙る華北農村調査と厖大な档案史料を駆使。A・スミス団練起源説のレトリックを暴露し、エシェリック説を徹底的に批判。詳細な地図と現地写真を載せた唯一の実証的な義和団「全体史」。

「BOOKデータベース」より

博士論文;博士論文

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 序章 近代中国の反キリスト教闘争と義和団の運動
  • 第1章 義和拳の起源
  • 第2章 大刀会-山東西南部
  • 第3章 梅花拳-華北農村社会と義和拳運動・梨園屯村の反教会闘争
  • 第4章 戊戌政変と沂州教案-山東東南部
  • 第5章 神拳-山東西北部における義和拳の形成
  • 第6章 直隷東南代牧区の義和拳運動
  • 第7章 直隷中部・北京南部の義和拳
  • 第8章 北京・天津の義和団
  • 結章 『掃清滅洋』への転回-景廷賓蜂起・袁世凱の抬頭

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 / p1
  • 序章 近代中国の反キリスト教闘争と義和団の運動 / p3
  • 第一章 義和拳の起源 / p23
  • 第一節 義和団の起源は「白蓮教」か「団練」か / p23
  • 一 論争の発生 / p23
  • 二 労乃宣「義和拳教門源流考」 / p24
  • 三 エシェリック起源説の批判 / p27
  • 第二節 義和拳の起源-八卦教と義和拳- / p38
  • 一 はじめに / p38
  • 二 八卦教について / p39
  • 三 乾隆期の八卦教と義和拳 / p41
  • 四 嘉慶年間の義和拳 / p72
  • 五 道光・咸豊・同治期の拳棒と八卦教 / p108
  • 六 結語 / p122
  • <付論>乾隆三十九年王倫清水教叛乱小論-義和団論序説- / p135
  • はじめに / p135
  • 第一節 母体組織・系譜 / p137
  • 第二節 叛乱集団の形成と遍歴 / p141
  • 第三節 小結 / p152
  • 第二章 大刀会-山東西南部- / p157
  • 第一節 山東西南部の大刀会 / p157
  • 第二節 山東のカトリックと郷村社会-ドイツ神言会- / p170
  • 第三節 単・碭山教案事件 / p196
  • 第四節 鉅野事件とドイツの膠州湾占領 / p210
  • 第五節 四川大足教案-『順清滅洋』- / p221
  • 第三章 梅花拳-華北農村社会と義和拳運動・梨園屯村の反教会闘争- / p239
  • 第一節 山東北部代牧区・直隷東南代牧区のカトリック / p240
  • 第二節 梨園屯教案-一八六九年~一八九八年- / p249
  • 一 梨園屯村-直隷・山東交界地区の農村社会- / p249
  • 二 発端-カトリック教民の発生- / p260
  • 三 廟地分割・紛争・裁判-その経過- / p264
  • 四 紛争・裁判の背後にあるもの / p272
  • 第三節 十八魁・梅花拳会・義和拳 / p283
  • 一 十八魁 / p283
  • 二 梅花拳会-その歴史- / p289
  • 三 梅花拳の武場と文場 / p292
  • 四 梅花拳の宗教的性格とその組織 / p298
  • 五 義和拳 / p302
  • 六 光緒二十四(一八九八)年二-四月闘争 / p306
  • 第四節 一八九八年蜂起-『順清滅洋』- / p313
  • 第四章 戊戌政変と沂州教案-山東東南部- / p339
  • 第一節 教会問題と戊戌政変の影響 / p340
  • 第二節 日照事件-シュテンツ暴行事件- / p346
  • 第三節 沂州教案-アメリカ長老会・神言会- / p353
  • 第四節 神山教案 / p358
  • 第五節 ドイツ軍の日照県占領 / p364
  • 第六節 西南部の動き / p375
  • 第七節 毓賢・戊戌政変・己亥立儲 / p382
  • 第五章 神拳-山東西北部における義和拳の形成- / p407
  • 第一節 大刀会から神拳へ / p407
  • 一 神拳=義和拳形成の論理構造 / p407
  • 二 大刀会から神拳へ / p419
  • 三 神拳のコスモロジー / p424
  • 四 義和拳運動の歴史的位相 / p426
  • 五 「白蓮教」と神拳・義和拳 / p429
  • 第二節 神拳=義和拳の形成過程 / p437
  • 一 濫觴-長清県河西地方・茌平県- / p438
  • 二 平原事件-『天下義和拳 興清滅洋』- / p452
  • 三 毓賢と袁世凱 / p475
  • 四 波及-ブルックス殺害事件・冠県梨園屯闘争の再燃- / p478
  • 第六章 直隷東南代牧区の義和拳運動 / p517
  • 第一節 故城・景州・阜城の義和拳-王慶一と晤修- / p517
  • 第二節 闘争の激化-『扶清滅洋』・『神助滅洋』- / p533
  • <補論一>大名府・広平府の状況 / p549
  • <補論二>光緒二十六(一九〇〇)年の朱家河教会事件-大虐殺- / p551
  • 第七章 直隷中部・北京南部の義和拳 / p561
  • 第一節 義和拳の拡大-東・北・南・西ヘ- / p561
  • 第二節 直隷北部代牧区-保定総鐸区の歴史と状況- / p580
  • 第三節 淶水事件への序曲-高洛村と倉巨村- / p587
  • 第四節 清苑事件-東閭教会・義和拳の源流- / p592
  • 第五節 淶水事件-教民殺害・戕官- / p614
  • 第六節 転換-「剿」か「撫」か、義和拳の蔓延化- / p617
  • <補論>河間県范家圪墶教会攻防戦 / p633
  • 第八章 北京・天津の義和団 / p655
  • 第一節 列国外交団と清国政府-列国の出兵- / p655
  • 第二節 北京・天津間の義和団-シーモア援軍との戦闘- / p672
  • 第三節 天津の義和団運動-ナショナリズムの激発- / p687
  • 一 天津の教会と練拳風潮 / p687
  • 二 天津当局 / p695
  • 三 暴発-教会焼打・租界攻撃と清国軍の参戦- / p702
  • 四 民衆的ナショナリズムとしての義和団の運動-思想と権力観- / p714
  • 第四節 清朝はなぜ「宣戦」に踏み切ったか-北京紫禁城・五月・満洲族国家主義の激昂- / p730
  • 結章『掃清滅洋』への転回-景廷賓蜂起・袁世凱の抬頭- / p749
  • <付録>小林一美著『義和団戦争と明治国家』を評す / p775
  • 索引(地名・人名索引/事項索引) / p25
  • 引用文献一覧 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 義和団の起源とその運動 : 中国民衆ナショナリズムの誕生
著作者等 佐藤 公彦
書名ヨミ ギワダン ノ キゲン ト ソノ ウンドウ : チュウゴク ミンシュウ ナショナリズム ノ タンジョウ
出版元 研文
刊行年月 1999
ページ数 800, 51p
大きさ 22cm
ISBN 487636172X
NCID BA43522464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想