エチオピアの歴史 : "シェバの女王の国"から"赤い帝国"崩壊まで

岡倉登志 著

エチオピアの歴史を建国時から1991年まで通して読める、本邦およびアジア初の試み。1855年以前に全体の七分の一強をあて、第二次イタリア‐エチオピア戦争に比重が置かれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 エチオピアとは何か
  • 第1章 "シェバの女王の国"
  • 第2章 "プレスター=ジョン(ヨハネ)"の国
  • 第3章 諸公侯時代-1769〜1855
  • 第4章 エチオピアの統一とヨーロッパ列強
  • 第5章 エチオピアにおける「近代化」
  • 第6章 権力闘争の時代
  • 第7章 イタリア占領時代-1936〜1941
  • 第8章 ハイレ‐セラシエの独裁時代-1941〜1974
  • 第9章 "赤い帝国"盛衰史-1974〜1991

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エチオピアの歴史 : "シェバの女王の国"から"赤い帝国"崩壊まで
著作者等 岡倉 登志
書名ヨミ エチオピア ノ レキシ : シェバ ノ ジョオウ ノ クニ カラ アカイ テイコク ホウカイ マデ
出版元 明石書店
刊行年月 1999.10
ページ数 408p
大きさ 20cm
ISBN 4750312061
NCID BA43519889
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20011789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想