建築から図書館をみる

植松貞夫 著

本書では、建築計画学の視点と問題意識から、図書館建築について、さまざまな話題をとりあげ、今の図書館、これからの図書館のあるべき姿を考察した。話題はハード(器)とソフト(中身)の両面に及ぶが、あくまでも器から中身をみることに努めている。また、文部省の在外研究員としてのストックホルムの王立工科大学における10ケ月間と、前後数回の見学ツアーでの知見をもとに、世界的にみてもサービスの内容と建築がともに高い水準にある北欧の図書館と図書館建築の実際について、その全般的な水準やセルフサービス化、既存施設の図書館への転用例など、彼我の相違と新しい試みについて紹介している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 図書館を創る
  • 図書館の規模を決める
  • こんな図書館建築でありたい
  • 長い時間を過ごすことができる図書館
  • 人と本の出会いの場の演出
  • 閉架書庫の収納効率と利用効果の両立
  • スウェーデンの図書館拝見
  • 経費削減とセルフサービス化
  • 古い建物を図書館に改装する
  • 北欧で出会ったすてきな図書館〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築から図書館をみる
著作者等 植松 貞夫
書名ヨミ ケンチク カラ トショカン オ ミル
シリーズ名 図書館・情報メディア双書 10
出版元 勉誠
刊行年月 1999.10
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 4585002200
NCID BA43516552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想