世界の図書館 : その歴史と現在

寺田光孝 編

世界の図書館は、現代社会における機能という文明的な普遍性と各国の歴史・文化的な独自性という二面性を持つがゆえに、比較図書館学の視点も可能になり、世界の図書館を問題にする意味も生まれてくる。本書は、小冊子ながら、世界の図書館の共通性と異質性をできるかぎり追求したいと考え、時に歴史を織り込みながら現状の紹介を意図している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 西欧図書館との出会い(西欧図書館のモデルの受容
  • 西欧近代図書館の素描)
  • 2 世界の図書館の現状(アメリカの図書館
  • イギリスの図書館
  • ドイツ連邦共和国の図書館 ほか)
  • 3 図書館員教育(アメリカの図書館員教育
  • イギリスの図書館員教育
  • ドイツの図書館員教育 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の図書館 : その歴史と現在
著作者等 寺田 光孝
書名ヨミ セカイ ノ トショカン : ソノ レキシ ト ゲンザイ
書名別名 Sekai no toshokan
シリーズ名 図書館・情報メディア双書 2
出版元 勉誠
刊行年月 1999.10
ページ数 183p
大きさ 19cm
ISBN 458500212X
NCID BA43514998
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20082148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想