幕末維新の社会と思想

田中彰 編

幕末維新を、地域社会、「攘夷」の諸相、維新政権、明治維新と歴史認識の四部にわけ、多角的に分析した論集。幕末長州藩の実態解明から戊辰戦争とアメリカの南北戦争とを重ねて論じた興味深い論稿までの諸論文を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幕末の地域社会(百姓一揆の展開過程-長州藩天保一揆の分析を中心として
  • 元治〜慶応期長州藩農村の交通夫役負担と庄屋層の機能-小郡宰判を事例として
  • 大原幽学と改心楼乱入事件-「牛渡村一件」の真相
  • 和人地東在および箱館六箇場所の収税状況に関する二・三の特質-幕末期の状況を中心に)
  • 2 「攘夷」の諸相(下田渡海考
  • 文久元・三年の佐原騒動と水戸藩尊攘派
  • 対馬藩攘夷政権と援助要求運動)
  • 3 維新政権をめぐって(藩体制解体と岩倉具視
  • 浦上キリシタン流配事件と信教の自由)
  • 4 明治維新と歴史認識(鎌倉薩長藩祖廟と明治維新
  • 「蝦夷地」認識深化の世界史的必然性-歴史教育における日本史と世界史の統一的把握によせて
  • アメリカから見た日本の南北戦争)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末維新の社会と思想
著作者等 田中 彰
書名ヨミ バクマツ イシン ノ シャカイ ト シソウ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.11
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 464203689X
NCID BA43492680
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20013984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想