江戸幕府の制度と伝達文書

高木昭作 著

特定の社会で、制度が確立してくると、そこで通用する文書にも特定の形式が定められてくる。江戸幕府は、家光の時代に制度が確立した。そこでは、公式の文書(老中奉書)のほかに、非公式に家光によって特定の人脈に結び付けた内々の伝達ルート(内証)が設けられていた。主君と信頼関係で結ばれた出頭人たち、徳川家康のブレーン、家光のお気に入りの側近、彼らを通じて非公式に上意が伝達されていく。将軍の真意は何か。将軍をめぐる内証の人脈ルートが語る江戸幕府制度形成期の裏面史がみえてくる会心の好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人づての問答
  • 第2章 奉書という将軍の命令
  • 第3章 家光に直結した内証という伝達
  • 第4章 将軍の意向と側近による大名指導
  • 第5章 出頭人という将軍のお気に入り

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸幕府の制度と伝達文書
著作者等 高木 昭作
書名ヨミ エド バクフ ノ セイド ト デンタツ モンジョ
シリーズ名 角川叢書 8
出版元 角川書店
刊行年月 1999.9
ページ数 250p
大きさ 20cm
ISBN 4047021091
NCID BA43489110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想