フロイト的身体 : 精神分析と美学

レオ・ベルサーニ 著 ; 長原豊 訳

セクシュアリテの解体=解放。フロイトのテクストに潜むほころびを読み解き、セクシュアリテの起源にマゾヒズムを見いだして、欲望理論の制度化を美学的に解体する。セクシュアル・スタディーズの基本書、待望の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フロイト的身体
  • 2 美学、セクシュアリテ
  • 3 反復せよ-自我の後に
  • 4 新たなフロイト的世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイト的身体 : 精神分析と美学
著作者等 Bersani, Leo
長原 豊
ベルサーニ レオ
書名ヨミ フロイトテキ シンタイ : セイシン ブンセキ ト ビガク
書名別名 Théorie et violence

Furoitoteki shintai
出版元 青土社
刊行年月 1999.10
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4791757521
NCID BA43434833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想