逆説の日本史  7(中世王権編) (太平記と南北朝の謎)

井沢元彦 著

金閣寺の奇妙な三層構造から解読、足利義満「天皇家乗っ取り」の陰謀。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 尊氏対後醍醐編-戦乱を招いた天皇絶対国家の理想
  • 第2章 『太平記』に関する小論編-巻二十二の欠落が暗示する作者の正体
  • 第3章 尊氏対直義編-幕府政治の確立を遅らせた兄弟ゲンカ
  • 第4章 「日本国王」足利義満の野望編-「天皇家乗っ取り」直前の不可解な死
  • 第5章 「恐怖の魔王」足利義教編-「くじ引き将軍」が目指した絶対権力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説の日本史
著作者等 井沢 元彦
書名ヨミ ギャクセツ ノ ニホンシ
書名別名 太平記と南北朝の謎

Gyakusetsu no nihonshi
巻冊次 7(中世王権編) (太平記と南北朝の謎)
出版元 小学館
刊行年月 1999.10
ページ数 363p
大きさ 20cm
ISBN 4093794189
NCID BA43431143
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99128140
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想