啄木の木霊 : 林中幻想

遊座昭吾 著

私の書架に、二十冊近いスクラップブックが、年代を記した背をみせて並んでいる。中身は私に関するものばかりなので、けっして多くはない。折々に依頼されて、新聞に書いた小さな文章である。それらの折々の小さな文章、点みたいな自分の姿を拾って、できたら線としてつないでみようと思った。たとえ、それは細い線であっても、私の歩いて来た道である。スクラップブックを挾むように、何種類かの雑誌も並んでいる。これにも依頼を受けて書いた文章が載っている。それも小さな文章にかわりはない。が、線をたすけてくれるものである。私の小さな文章の事始めは、「啄木との運命的絆」を思うことでなされた。そして、「自然・風景・人」へと目を凝らし、さらに、私にとって前にも後にもないだろう「文芸時評」にまで、筆をひろげてしまった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 啄木との運命的絆(啄木・一を見守る文人-対月・良吉・静雄・仙岳
  • 永遠の郷愁をうたう-やはらかに柳あをめる/北上の…ふるさとの山はありがたきかな
  • 「生命の森」の歴史-春まだ浅く月若き ほか)
  • 2 自然・風景・人(「無名青年の徒之を建つ」-文化運動の原点
  • 自然の寸法-奥入瀬の渓流
  • 青春の閲覧室-『学生に与ふる書』 ほか)
  • 3 文芸時評(「生」の主張、見事に凝縮-山崎初枝・吉田史子、脈々と自然のにおい-俳壇の長老高橋青湖
  • 幻想的な話術に成功-香川弘夫の長詩、現代の病巣を縮図化-相沢史郎の方言詩 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 啄木の木霊 : 林中幻想
著作者等 遊座 昭吾
書名ヨミ タクボク ノ コダマ : リンチュウ ゲンソウ
出版元 八重岳書房
刊行年月 1999.9
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 4841211977
NCID BA43429797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20009965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想