バッハ : 生涯と作品

ヴェルナー・フェーリクス 著 ; 杉山好 訳

バロック音楽を代表する作曲家、バッハ。神に対する深い信仰心とひたむきな音楽美への探求はマタイ受難曲など千曲を越える名曲を生み出した。ヨーロッパとドイツの音楽文化に分け入り、百余点の楽譜と写真資料を駆使しながらバッハの音楽の豊かな作品世界とその神髄に迫る。最新の「声楽およびオルガン・コラール作品総覧」付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 バッハの家系
  • 2 ヨーハン・ゼバスティアン・バッハの幼年時代と青年時代
  • 3 アルンシュタットミュールハウゼンのオルガニスト
  • 4 ヴァイマルとケーテンでの宮廷勤務
  • 5 トーマス・カントルならびにライプツィヒ市音楽監督
  • 6 オルガンとクラヴィーアの作品
  • 7 協奏曲と管弦楽組曲
  • 8 カンタータ作品
  • 9 オラトリオ作品、モテット、ミサ曲
  • 10 室内楽作品と"フーガの技法"
  • 11 教育的活動
  • 12 百科全書的志向
  • 13 後世への影響

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バッハ : 生涯と作品
著作者等 Felix, Werner
Werner, Felix
杉山 好
フェーリクス ヴェルナー
書名ヨミ バッハ : ショウガイ ト サクヒン
書名別名 Johann Sebastian Bach

Bahha
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.10
ページ数 440p
大きさ 15cm
ISBN 406159401X
NCID BA43394160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20008834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想