「家」の存続戦略 : 歴史社会学的考察

米村千代 著

「家」が抑圧的な制度でしかなかったら、一体誰が積極的に存続させようとするだろう。家訓・家憲を手がかりに解明された「家」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 概念と方法(存続戦略からみる「家」
  • 「家」研究における系譜と経営
  • 「家」の概念と方法)
  • 2 「家」と家憲(「家」の危機意識と家憲制定
  • 家訓・家憲にみる「家」の存続戦略)
  • 3 財閥の「家」(系譜と経営の法的分離
  • 家産的所有の再編成-財閥の「家」
  • 華族制度と「家」の象徴化-資本家華族の意味 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「家」の存続戦略 : 歴史社会学的考察
著作者等 米村 千代
書名ヨミ イエ ノ ソンゾク センリャク : レキシ シャカイガクテキ コウサツ
出版元 勁草書房
刊行年月 1999.9
ページ数 281, 27p
大きさ 22cm
ISBN 4326601280
NCID BA43275398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想