日本における自動車の世紀 : トヨタと日産を中心に

桂木洋二 著

明治維新以降の、欧米先進国に追い付け、追い越せという日本の姿そのものが、自動車産業や技術の分野でも最大のテーマであり、トヨタやニッサンの企業のスタートから現在までをつらぬく課題である。現在は欧米先進国に追い付くのではなく、欧米のメーカーも含めて多くが目標としている、クルマのあるべき姿を求めることがテーマになっているが、その目標に向かって進むエネルギーの質は、依然として従来のものと同じような切羽つまった印象がある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 トヨタとニッサンの創業前後(〜1935年)
  • 第2章 トラックの生産と軍需産業への道(1935〜1945年)
  • 第3章 戦後の混乱のなかで(1945〜1952年)
  • 第4章 乗用車主流時代の幕開け(1952〜1955年)
  • 第5章 豊かさの追求とベストセラーカーの誕生(1956〜1960年)
  • 第6章 黄金の60年代の始まり(1960〜1962年)
  • 第7章 高性能追求と販売競争の激化の時代(1963〜1965年)
  • 第8章 マイカー時代の到来とメーカーの成長(1966〜1969年)
  • 第9章 排気問題とオイルショックのなかでの成長(1970年代)
  • 第10章 世界のなかの日本メーカーの活動(1980年代を中心に)
  • 終章 クルマは未来になっていくか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本における自動車の世紀 : トヨタと日産を中心に
著作者等 桂木 洋二
書名ヨミ ニホン ニ オケル ジドウシャ ノ セイキ : トヨタ ト ニッサン オ チュウシン ニ
出版元 グランプリ
刊行年月 1999.8
ページ数 687p
大きさ 21cm
ISBN 487687204X
NCID BA43275161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想