ホームヘルパーの就業実態と意識 : 「ホームヘルパー就業意識調査」結果報告書

[日本労働研究機構] 研究所編集

本書は、ホームヘルパーの労働内容や労働条件等の労働実態、就業の経緯、就業後の満足度・悩みの有無・継続意志等の職業意識について明らかにするために実施した調査の報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と背景
  • 第1章 調査の概要
  • 第2章 ホームヘルプサービス職の雇用・労働の実態
  • 第3章 ホームヘルプサービス職分野への参入の経緯
  • 第4章 ホームヘルパーの就業理由と仕事に対する考え
  • 第5章 職業不満度と離転職意向
  • 第6章 ホームヘルパーの就業上の悩みや不安
  • 第7章 希望するホームヘルプサービス職の雇用・労働条件
  • 第8章 ホームヘルプサービス職に関する能力開発
  • 第9章 ホームヘルパーが働きやすく参入しやすい仕事になるために必要な配慮・改善策
  • 第10章 仕事中のけがや失業、病気など何かあったときの補償システムのあり方
  • 第11章 介護サービスに寄せるホームヘルパーの夢と挫折と希望と-介護・ホームヘルパー問題に対する意見・感想の分析
  • 終章 ホームヘルパーの就業をめぐる政策的課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ホームヘルパーの就業実態と意識 : 「ホームヘルパー就業意識調査」結果報告書
著作者等 日本労働研究機構
書名ヨミ ホームヘルパーノシュウギョウジッタイトイシキ : ホームヘルパーシュウギョウイシキチョウサケッカホウコクショ
シリーズ名 調査研究報告書 No.119(1999)
出版元 日本労働研究機構
刊行年月 1999.3.31
ページ数 364p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891193
NCID BA43270612
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想