加藤周一セレクション  1 (科学の方法と文学の擁護)

加藤周一 著 ; 鷲巣力 編

科学と技術が高度に発達した現代社会にあって文学はどのような意味をもちうるだろうか。小説・詩歌という狭いジャンルに限定することなく、すぐれた文体と世界の全体に対する態度であると文学を広く定義するとき、文学ははじめて科学に拮抗する。このような加藤周一の文学に対する態度は、アラゴンやサルトルなどのフランス文学に負う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 科学と文学
  • 文学の擁護
  • 途絶えざる歌
  • ゴットフリート・ベンと現代ドイツの「精神」
  • グレアム・グリーンとカトリシズムの一面
  • E・M・フォースターとヒューマニズム
  • サルトルの知識人論
  • 人間学または『状況第九』の事
  • サルトル論以前
  • サルトルのために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 加藤周一セレクション
著作者等 加藤 周一
鷲巣 力
書名ヨミ カトウ シュウイチ セレクション
書名別名 科学の方法と文学の擁護
シリーズ名 平凡社ライブラリー
巻冊次 1 (科学の方法と文学の擁護)
出版元 平凡社
刊行年月 1999.9
ページ数 396p
大きさ 16cm
ISBN 4582763022
NCID BA43221912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20004815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想