山頭火・虚子・文人俳句

斉藤英雄 著

三人の俳人の"阿蘇"行と三人の小説家の句作時代について詳しく論じた興味深い書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 山頭火(山頭火と井泉水の"阿蘇"行について-日付を中心に
  • 山頭火と井泉水の"阿蘇"行について-その実情
  • 山頭火「まつたく雲がない笠をぬぎ」考-場所を中心に)
  • 第2部 虚子(高浜虚子の「芋水車」の句について
  • 高浜虚子の「大観峰」の句について
  • 高浜虚子の「龍膽」の句について)
  • 第3部 文人俳句(俳句とSF-眉村卓の場合
  • 俳句と時代小説-藤沢周平の場合
  • 俳句と推理小説-結城昌治の場合)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山頭火・虚子・文人俳句
著作者等 斉藤 英雄
書名ヨミ サントウカ キョシ ブンジン ハイク
出版元 おうふう
刊行年月 1999.9
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4273030934
NCID BA43221060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想