中央アジア資源戦略 : 石油・天然ガスをめぐる「地経学」

宮田律 著

大国がパワーゲームを繰り広げる"最後の有望資源地帯"中央アジア諸国の現状を、政治・経済・地理・歴史の多角的視点から明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「現代のシルクロード」・中央アジア地域を概観する
  • 2 カスピ海資源をめぐる諸パワーのせめぎ合い
  • 3 台頭するイスラム主義と民族紛争
  • 4 アブカニスタンをめぐる地政学・地経学
  • 5 ユーラシアをめぐる「アメリカ・イスラエル・トルコ連合」
  • 6 アメリカの対イラン封じ込めを空洞化する「地経学」
  • 7 カスピ海の資源地帯に存在するリスクとは何か?
  • 8 日本はいかなる戦略を構築すべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中央アジア資源戦略 : 石油・天然ガスをめぐる「地経学」
著作者等 宮田 律
書名ヨミ チュウオウ アジア シゲン センリャク : セキユ テンネン ガス オ メグル チケイガク
出版元 時事通信社
刊行年月 1999.9
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4788799324
NCID BA43219739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20081759
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想