農作業学

日本農作業学会 編

本書は農作業に関するこれまでの研究を系統的、科学的に整理し、農作業に関するハンドブックとしての使用も念頭においた「教科書的内容」を目指して編集しています。特に農作業技術のソフトウェア的視点を重視して編集しており、農作業合理化への道にどなたでも必ず通ずるようになるものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農作業学の形成とその背景
  • 第2章 農作業学の概念
  • 第3章 農作業学の研究対象
  • 第4章 作業主体と手段(総論)
  • 第5章 作業関連要因と農作業(総論)
  • 第6章 おもな農作業体系(各論)
  • 第7章 おもな作業工程(各論)
  • 第8章 農業経営形態と農作業
  • 第9章 環境保全と農作業
  • 第10章 農作業学の役割と将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農作業学
著作者等 日本農作業学会
書名ヨミ ノウサギョウガク
出版元 農林統計協会
刊行年月 1999.9
ページ数 374p
大きさ 22cm
ISBN 4541025213
NCID BA43216322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20007213
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想