日本社会の誕生

吉村武彦 著

私たち「日本人」の祖先は、一体いつ、どこからこの列島に来たのか?稲作の起源は?邪馬台国の最新の学説は?-現代考古学の最先端の成果に基づいて贈る最新の「日本」前史。原始以来の私たち日本人の歴史の要所要所をコンパクトに理解するために最適な、ジュニア新書版「日本の歴史」(全9冊)の第1巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 列島最初の住人(日本列島のかたち
  • 最初の住人-日本の旧石器時代 ほか)
  • 第2章 農耕社会の成立と邪馬台国(水稲農耕の伝来と受容
  • 金属器の導入と環濠集落 ほか)
  • 第3章 ヤマトの王権(ヤマト王権の成立
  • ヤマト王権の海外進出 ほか)
  • 第4章 仏教の伝来と蘇我氏(「外国」から即位した継体天皇
  • 仏教の伝来 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本社会の誕生
著作者等 吉村 武彦
書名ヨミ ニホン シャカイ ノ タンジョウ
書名別名 Nihon shakai no tanjo
シリーズ名 日本の歴史 1
岩波ジュニア新書 1
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.9
ページ数 191, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4005003311
NCID BA43175713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99131291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想