宮子あずさの患者さんのやわらかい見方  2

宮子あずさ 著

どのような"まなざし"で患者さんたちにかかわっていけば良いのかを"やわらかく"語る、臨床現場で働く看護職に必読の好エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • うつ病患者の無気力
  • 発熱を繰り返す患者さん
  • トランキライザーとイレウス
  • アルコールの離脱症状
  • 進歩のない患者さん
  • 治療・看護の原点は、躁うつの波を見ること
  • 妄想の強い患者さんへの声かけ
  • 疲れ果てている家族とのかかわり
  • 究極の経口与薬法
  • 妄想に取り込まれる時〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮子あずさの患者さんのやわらかい見方
著作者等 宮子 あずさ
書名ヨミ ミヤコ アズサ ノ カンジャサン ノ ヤワラカイ ミカタ
シリーズ名 ナーシング・トゥデイ・コレクション no.13
巻冊次 2
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 1999.9
ページ数 153p
大きさ 20cm
ISBN 4818006947
NCID BA43159466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20083893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想