精神病理学と脳

P.Flor-Henry 著 ; 秋元波留夫 監訳 ; 藤元登四郎 訳

その題名が示すように、本書は精神の障害、精神病理と脳の機能障害の関連を、著者自身の独創的な研究と膨大な文献の検証に立脚して徹底的に追求した、精神医学再構築の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 進化のパースペクティブにおける大脳側方化の機能的側面
  • 内因性精神病の分類-歴史の中の現代
  • 大脳半球の側方性と感情障害
  • 分裂病症状群の神経生物学的および言語学的様相
  • 精神病理学的にみた性の影響
  • 自発性および誘発性発作と精神病理
  • 精神病理学の神経心理学的次元
  • 精神病研究と神経生理学
  • ヒステリー
  • 強迫症状群
  • 生物学的振動の精神病理的意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神病理学と脳
著作者等 Flor-Henry, Pierre
秋元 波留夫
藤元 登四郎
Fior‐Henry Pierr
書名ヨミ セイシン ビョウリガク ト ノウ
書名別名 Cerebral basis of psychopathology

Seishin byorigaku to no
出版元 創造
刊行年月 1999.6
ページ数 511p
大きさ 22cm
ISBN 4881582550
NCID BA43148980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20067412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想