太平洋戦争と歴史学

阿部猛 著

軍部や政治家の戦争責任を追及するとき、歴史家みずからの軌跡も総括しなければ迫力を欠く。戦争期の歴史学界の実態を解きほぐし、時局に便乗する者、抗する者など、様々の群像を通して、歴史学の社会的責任を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 時代情況
  • 皇国史観
  • 「八紘為宇」
  • 抵抗と転向
  • 民間史学
  • 歴史の教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋戦争と歴史学
著作者等 阿部 猛
書名ヨミ タイヘイヨウ センソウ ト レキシガク
書名別名 Taiheiyo senso to rekishigaku
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 77
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1999.10
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 4642054774
NCID BA43141777
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想