生き物の進化ゲーム : 進化生態学最前線:生物の不思議を解く

酒井聡樹, 高田壮則, 近雅博 著

たとえば、多くの魚のように外見では雌雄の区別がつきにくいものもあれば、鳥のなかには、別種の生き物に思えるほど雌雄で外見が違うものもある。自分の子に対する愛情は生物に普遍的なはずなのに、働きバチや働きアリは自分の子を産まずに、女王の産んだ子の養育に生涯を捧げる。カバのけんかは、口を開けて牙を見せあうだけで勝敗が着いてしまう。負けたものは、なぜそんな見せあいで納得するのであろう?こうした生き物の不思議さは、長い進化の歴史を経て生まれてきたものである。そしてその不思議さが進化した背景には、きっと何らかの合理的な理由があるのだ。本書は、生き物の不思議さがなぜ進化したのか、その理由を探る本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ダーウィンの自然淘汰説
  • 最適資源投資戦略
  • 進化的に安定な戦略(ESS)
  • 性比のゲーム
  • 植物における性表現
  • 性転換
  • 性淘汰
  • 性の数の進化
  • 行動や生活史の多型
  • 利他行動の進化〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き物の進化ゲーム : 進化生態学最前線:生物の不思議を解く
著作者等 近 雅博
酒井 聡樹
高田 壮則
書名ヨミ イキモノ ノ シンカ ゲーム : シンカ セイタイガク サイゼンセン セイブツ ノ フシギ オ トク
書名別名 Ikimono no shinka gemu
出版元 共立
刊行年月 1999.9
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 4320055225
NCID BA43138568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想