齟齬の誘惑

蓮實重彦 著

本書は、「何かを理解したかのような気分」のそうした蔓延にさからうことをめざして書かれた文章からなっています。「何かを理解したかのような気分」と何かを理解することとを隔てている距離を、あえて視界に浮上させようとする目的がこめられています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 齟齬の誘惑(齟齬感と違和感と隔たりの意識
  • 「誇り」の感情 ほか)
  • 2 真実の位置(第三世代の大学-「塔」から「寄港地」へ
  • 真実の位置 ほか)
  • 3 第三世代の大学(総長就任にあたって
  • 「総長」という名前 ほか)
  • 4 東京大学をめざす若い男女に(「開かれた濃密さ」へ
  • 知的な柔軟さのさらなる創出に向けて ほか)
  • 5 視線の論理・視線の倫理(小津安二郎-日本映画の海外の評価)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 齟齬の誘惑
著作者等 蓮実 重彦
書名ヨミ ソゴ ノ ユウワク
書名別名 Sogo no yuwaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1999.9
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 413003314X
NCID BA43135650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20013966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想