ハーバマスと公共圏

クレイグ・キャルホーン 編 ; 山本啓, 新田滋 訳

初期ハーバマスの代表作『公共性の構造転換』英語版出版を記念して、1989年に開催されたシンポジウムを土台に、1992年に刊行された論文集のなかから主要な論文を収録する。「公共圏」概念の徹底討議。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ハーバマスと公共圏
  • 第1部 哲学的モデル(実践的な討議-道徳と政治の関係
  • 公共空間のモデル-ハンナ・アレント、自由主義の伝統、ユルゲン・ハーバマス
  • 公共圏-モデルと境界
  • 公共圏の再考-既存の民主主義の批判のために ほか)
  • 第2部 公共の場におけるコミュニケーション(メディアと公共圏
  • 公衆としての大衆と主体としての大衆
  • テクスト性、媒介、公共の討議
  • 結論 ハーバマスとの対話)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 ハーバマスと公共圏
  • 第1部 哲学的モデル(実践的な討議:道徳と政治の関係
  • 公共空間のモデル-ハンナ・アレント、自由主義の伝統、ユルゲン・ハーバマス
  • 公共圏:モデルと境界
  • 公共圏の再考:既存の民主主義の批判のために
  • かつて公圏は存在したのか?存在したとすればいつなのか?アメリカの事例の考察
  • 政治理論と歴史分析)
  • 第2部 公共の場におけるコミュニケーション(メディアと公共圏
  • 公衆としての大衆と主体としての大衆
  • テクスト性、媒介、公共の討議
  • 結論 ハーバマスとの対話)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハーバマスと公共圏
著作者等 Calhoun, Craig J
山本 啓
新田 滋
Calhoun Craig
キャルホーン クレイグ
書名ヨミ ハーバマス ト コウキョウケン
書名別名 Habermas and the public sphere. (抄訳)
シリーズ名 ポイエーシス叢書 41
出版元 来來社
刊行年月 1999.9
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 4624932412
NCID BA43113272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20001366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想