ヘゲモニーの逆説 : アジア太平洋戦争と米国の東アジア政策,1941年~1952年

杉田米行 著

戦後ヘゲモニー国家米国は、その至上の力の行使で自ら権力基盤を掘り崩した。本書では戦中および戦後初期の米中・日米関係に焦点を合わせ、ヘゲモニー概念を用いて米国の権力の代償を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 米国の対中国政策(中国情勢と非公式依存体制の構築へ
  • 参加型連合政府と中ソ緊張関係
  • トルーマン政権初期の中国政策
  • マーシャル・ミッションから米中対決へ)
  • 第2部 米国の対日占領政策(日本の西洋化過程
  • 占領政策の変化
  • 日本経済安定への道
  • 講和条約への道
  • 吉田‐ダレス会談とあいまいな日米関係の形成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘゲモニーの逆説 : アジア太平洋戦争と米国の東アジア政策,1941年~1952年
著作者等 杉田 米行
書名ヨミ ヘゲモニー ノ ギャクセツ : アジア タイヘイヨウ センソウ ト ベイコク ノ ヒガシアジア セイサク 1941ネン 1952ネン
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1999.9
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4790707709
NCID BA43110525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20076519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想