「五五年体制」内側からの証言 : 石橋政嗣回想録

石橋政嗣 著

「冷戦構造」とともにあっけなく、こともなげに「解体」されたといわれ、検証も総括もされたことのない"五五年体制"とは何であったのか?よきにつけ、悪しきにつけ、「民主主義の戦後」の証であるかのようにいわれつづけてきたその体制の主要な支え手の一人であった著者が、自らの人生と重ね合わせながらおこなった内側からの証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「五五年体制」と日本社会党(「抵抗の党」としての役割に自負
  • アメリカの政策転換と社会党 ほか)
  • 第2章 台湾から佐世保まで(門柱に「マラリア防遏事務所」
  • 小学校一年生で満州事変 ほか)
  • 第3章 地方議員から国会へ(三十歳で初出馬、二位で当選
  • 活動の舞台は衆議院内閣委員会 ほか)
  • 第4章 社会党委員長に就任、政界引退そして離党(ニュー社会党の牽引車として
  • 補完外交としての野党外交がスタート ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「五五年体制」内側からの証言 : 石橋政嗣回想録
著作者等 石橋 政嗣
書名ヨミ ゴジュウゴネン タイセイ ウチガワ カラノ ショウゲン : イシバシ マサシ カイソウロク
書名別名 Gojugonen taisei uchigawa karano shogen
出版元 田畑書店
刊行年月 1999.8
ページ数 248p
大きさ 20cm
ISBN 480380298X
NCID BA43075129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20070017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想