看護観察と判断 : 看護実践の基礎となる患者のみかたとアセスメント

川島みどり 著

[目次]

  • 1 なぜ看護過程なのか
  • 2 看護実践の構造と過程
  • 3 観察と情報
  • 4 判断=アセスメント
  • 5 対象の全体像への接近
  • 6 患者の全体像と看護診断
  • 7 観察演習課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護観察と判断 : 看護実践の基礎となる患者のみかたとアセスメント
著作者等 川島 みどり
書名ヨミ カンゴ カンサツ ト ハンダン : カンゴ ジッセン ノ キソ ト ナル カンジャ ノ ミカタ ト アセスメント
出版元 看護の科学社
刊行年月 1999.7
版表示 新訂.
ページ数 125p
大きさ 21cm
ISBN 4905628881
NCID BA43073757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20071891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想