冠婚葬祭

宮田登 著

人の一生その誕生から死まで、さまざまな民俗儀礼にいろどられている。出産と命名、七五三、成人、結婚、厄年と年祝い、通夜と葬式。加えて現代では社会の高齢化にともない、あらためて"老いの習俗"が注目を集めている。時代をこえて、変容を重ねつつ今に伝えられる冠婚葬祭のなかに、日本人の人生観と霊魂観を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 冠婚葬祭と日本人
  • 1 老人の祝い(カジマヤーの祝い
  • 八十八の祝い ほか)
  • 2 誕生と育児(橋の菓
  • 霊魂の移動 ほか)
  • 3 成人と結婚(成人に至る
  • 結婚のいろいろ ほか)
  • 4 葬送と供養(死と葬祭
  • 葬式のかたち ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 冠婚葬祭
著作者等 宮田 登
書名ヨミ カンコン ソウサイ
書名別名 Kankon sosai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1999.9
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4004306302
NCID BA43067197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20002191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想