高校が崩壊する

喜入克 著

何年か前、高校全入が叫ばれた。叫んだ人たちは、全員が高校へ進めば、みんなそれなりに勉強し、労働の疎外から守られ、立派な市民が誕生すると思ったのであろう。それがどれほど人間というものを知らないあさはかな考え方であったか、いまはっきり証明された。この本に書かれていることは、信じたくない人もあろうが、事実なのである。これでも著者は誇張どころかむしろ控えめに書いている。日本の将来を暗示して余りある戦慄的な報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 高校ではいま、何が起きているのか
  • 第2章 行き詰まった学校の指導力
  • 第3章 親の問題、教師の問題
  • 第4章 私はどのように生徒に立ち向かっているか
  • 第5章 人権弁護士を批判する
  • 第6章 改革論者を批判する
  • 第7章 子供の可能性という幻想
  • 第8章 新たな学校バッシングに反論する
  • 第9章 空論から生産的な議論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校が崩壊する
著作者等 喜入 克
書名ヨミ コウコウ ガ ホウカイスル
書名別名 Koko ga hokaisuru
出版元 草思社
刊行年月 1999.10
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 4794209193
NCID BA43061543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20003954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想