ギリシア悲劇 : 神々と人間、愛と死

川島重成 著

紀元前五世紀のアテーナイで盛んに演じられ、今もなお現代人を魅了するギリシア悲劇。その魅力の源泉は何か。普遍的意味はどこにあるのか。アイスキュロス、ソポクレース、エウリーピデース-三大悲劇詩人の代表作、その女主人公の人間像を通し、神々と人間、愛と死など人間存在の本質と根本問題を内在的作品解釈によって鮮やかに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 民主政都市国家アテーナイとギリシア悲劇(ギリシア悲劇の時代性
  • ギリシア悲劇の宗教性 ほか)
  • 第1章 『アガメムノーン』におけるゼウスと正義(『オレステイア』三部作と"正義"
  • "期待"と"不安"のモティーフ-トロイア遠征とイーピゲネイアの屠り ほか)
  • 第2章 『アンティゴネー』における愛と死(物語の骨子
  • ドラマの主人公と悲劇の担い手 ほか)
  • 第3章 『メーデイア』-人間と人間を超えるもの(予言者的詩人エウリーピデース
  • 伝説的背景と粗筋 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア悲劇 : 神々と人間、愛と死
著作者等 川島 重成
書名ヨミ ギリシア ヒゲキ : カミガミ ト ニンゲン エロース ト タナトス
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.9
ページ数 368p
大きさ 15cm
ISBN 4061593951
NCID BA43060008
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99125582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想