荀子

内山俊彦 著

古代戦国期、秦帝国出現前夜の激動の時代を生き、儒家ながら、伝統的な儒家の枠組みに収まりきらない異色の思想を展開した荀子。「性悪説」で名高い人間観や「天人の分」で知られる自然観、「礼の王国」論に見られる国家観等々、現実的かつ合理性に貫かれたその思想像を多角的に探り、中国古代思想史上の位置を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 荀子の生涯とその時代(激動と予兆と-戦国末期の社会
  • 戦国最後の儒家-荀子の生涯)
  • 2章 荀子の思想(天と人-自然と人間
  • 人の性は悪なり-人間観の構造
  • 礼の王国-国家構想 ほか)
  • 3章 思想史のなかの荀子(理念と現実の間で-宿命としての虚構
  • 諸子の時代の終末-荀子から荀子以後へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荀子
著作者等 内山 俊彦
書名ヨミ ジュンシ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.9
ページ数 345p
大きさ 15cm
ISBN 4061593943
NCID BA4305995X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99125583
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想