「弱者」とはだれか

小浜逸郎 著

「弱者に優しい政治を」「差別のない明るい社会を」といった、だれも異議を唱えることのできないスローガン。しかし、現代社会における「弱者」とは、ほんとうはどういう存在なのだろうか?本書では、障害者、部落差別、マスコミの表現規制など、日常生活で体験するマイノリティの問題について、私たちが感じる「言いにくさ」や「遠慮」の構造を率直に解きおこしていく。だれもが担う固有の弱者性を自覚し、人と人との開かれた関係を築くための考え方を「実感から立ちのぼる言葉」で問う真摯な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「言いにくさ」の由来(「弱者」というカテゴリー
  • 個別性への鈍感さ ほか)
  • 第2章 「弱者」聖化のからくり(建て前平等主義
  • 部落差別をめぐって)
  • 第3章 「弱者」聖化を超克するには(共同性の相対化
  • 言葉狩りと自主規制問題)
  • 第4章 ボクもワタシも「弱者」(既成概念の見直し
  • 新しい「弱者」問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「弱者」とはだれか
著作者等 小浜 逸郎
書名ヨミ ジャクシャ トワ ダレ カ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1999.8
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4569607268
NCID BA43039067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想