昭和天皇

小堀桂一郎 著

未曾有の敗戦、そして占領という危機の時代に対峙したその「大いなる精神」とはいかなるものであったのか?"占領という名の追撃戦"に対して孤独な抵抗を貫き、自らの「つとめ」として靖国神社御親拝、沖縄行幸を果たせなかったことを憂慮され続けた昭和天皇。「雨が続いているが、稲の方はどうか」最期の病床にありながらも国民に対する慈愛に満ちた御心。折々の心情溢るる御製を手掛りに繙く力作評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 御幼少時代
  • 東宮御学問所
  • 摂政御就任
  • 践祚、そして難題続出
  • 昭和の動乱(満洲に忍び寄る暗雲
  • 国際的孤立化への途)
  • 大東亜戦争
  • 戦争をめぐる二つの詔書
  • 停戦、そして泰平の世へ
  • 崩御

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和天皇
著作者等 小堀 桂一郎
書名ヨミ ショウワ テンノウ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1999.8
ページ数 363p
大きさ 18cm
ISBN 4569607020
NCID BA43038450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99114391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想