時間の歴史 : 近代の時間秩序の誕生

ゲルハルト・ドールンーファン・ロッスム 著 ; 藤田幸一郎, 篠原敏昭, 岩波敦子 訳

私たちが慣れ親しんでいる近代の時間秩序は、どのようにして誕生したのか。このテーマに分け入るのは、著者によれば、巨大なパズルを組み立てるような試みだった。膨大な研究の蓄積にもかかわらず、真相が突きとめられていない機械時計の発達の歴史。ヨーロッパ各地の文書庫に眠る、都市の公共時計や時計師にかんする無数の資料。近代の時間秩序をもたらした担い手を、あるいは修道院に、あるいは商人たちに求める種々の仮説。著者は、歴史家としての構想力と実証精神をもって無数の事実をつなぎあわせながら、中世から近代へと向かう社会のなかで、さまざまな人間集団が「時間」とのつきあい方をどのように変えていったのかを、生き生きとよみがえらせていく。読者は、中世のおもかげを残すヨーロッパの都市のあちこちから、「時間の歴史」がきざまれた鐘の音が聞こえてくるような思いにとらわれるにちがいない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 古代における一日の区分と時間計測
  • 3 中世の時刻(時課)
  • 4 中世のホロロギアと歯車時計の発展
  • 5 威信の対象から都市の付属物へ
  • 6 中世後期の時計師
  • 7 時計時間の合図、市鐘、都市の合図群
  • 8 時間秩序-近代的時刻法の導入
  • 9 労働時間と時間賃金
  • 10 調整と迅速化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時間の歴史 : 近代の時間秩序の誕生
著作者等 Dohrn-Van Rossum, Gerhard
岩波 敦子
篠原 敏昭
藤田 幸一郎
Dohrn‐van Rossum Gerhard
ドールン‐ファン・ロッスム ゲルハルト
書名ヨミ ジカン ノ レキシ : キンダイ ノ ジカン チツジョ ノ タンジョウ
書名別名 Die Geschichte der Stunde
出版元 大月書店
刊行年月 1999.9
ページ数 341, 79p
大きさ 22cm
ISBN 4272510053
NCID BA43015954
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99130625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想