疾患と臨床薬理

横田雅之, 高杉益充 編

本書はまず、臨床薬理学を理解する上での必要事項を取り上げた。臨床薬理学の定義、薬物の作用機序、体内動態、薬物の有害反応、薬物間相互作用、血中濃度測定、妊婦、高齢者などへの薬物の投与、時間薬理学、薬物の臨床試験の14項目をまとめ、臨床薬理学の基本的な考え方、知識の整理および活用をあげた。次に主に薬剤師国家試験出題基準に含まれる代表的な疾患を中心に取り上げ、その中で消化性潰瘍治療薬、抗不整脈薬といった各種薬物群についての解説を行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(臨床薬理学の定義
  • 薬物の作用機序
  • 薬物の体内動態
  • 薬物の有害反応 ほか)
  • 各論(精神・神経疾患と治療薬
  • 循環器疾患と治療薬
  • 呼吸器疾患と治療薬
  • 消化器疾患と治療薬 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 疾患と臨床薬理
著作者等 横田 雅之
高杉 益充
書名ヨミ シッカン ト リンショウ ヤクリ
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1999.8
ページ数 479p
大きさ 26cm
ISBN 4753217728
NCID BA42997728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99127926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想